• <option id="muwqy"><code id="muwqy"></code></option>
  • <rt id="muwqy"></rt>
  • 印刷関連サプライ品

    ECO POWDER 半減 S / R

    ECO POWDER 半減

    パウダー使用量 平均50%削減を実現

    撥水性 R-25 親水性 S-25
    撥水性 R-35 親水性 S-35
    親水性 S-45
    カタログダウンロードお問合せフォーム

    ECO POWDER 半減

    どこよりも環境にやさしく、限りないパウダーレスを!

    どこよりも飛散が少なく、體に安全なパウダーを!

    特長

    • パウダーの主成分は、植物性澱粉を使用しています
    • パウダーを誤って吸引又は口に入っても安全な成分で出來ている為、安心して使用可能
    • 靜電気の発生が少なく、ムラの無い均等な散布が可能
    • 大きさの揃った粒子を精選しており、少量で確実に、印刷物のブロッキングを防止
    • 飛散しにくく、舞い上がりが少ない為、印刷工場內の美化を促進
    • ザラつきの無い滑らかな手觸りの印刷物に仕上がります
    • ブラン殘りが少なく、ブランケットのメンテナンスが大幅に軽減

    エコパウダーの特性を発揮する為に、弊社最新システム「CHP-3/CHP-21」をご使用下さい。

    CHP-3/CHP-21との融合によりパウダー使用量 平均50%削減を実現!

    エコパウダーの安全性についてはこちらをご覧ください。

    エコパウダー製品一覧

    種類 型名 粒子徑(μm) 用途
    モード徑 ※1 半値幅 ※2
    親水性 S-25 約16 約13~28 一般用
    S-35 約19 約13~31 一般用?厚紙
    S-45 約24.5 約15~40 厚紙対応
    撥水性 R-25 約18 約13~28 一般用?フィルム
    R-35 約19 約13~33 一般用?厚紙

    各社親水性パウダーの相対飛散度 各社撥水性パウダーの相対飛散度

    粒子徑は天然植物澱粉を原料にしているため、原料地及び気候変動によりバラツキがあります。
     ※1???粒子徑基準を體積とした粒度分布(%)の一番高い粒子徑
     ※2???モード徑の半分の値を示す粒子徑の幅

    エコパウダーの安全性

    植物澱粉:原材料

    1. 粉塵爆発???爆発3條件(粉塵運濃度、酸素量、著火源)がそろわない限り、爆発は起きない。
    2. 國連分類???非危険物
    3. WHO/IARC(國際がん研究機関?WHOの外部組織)の人體に対するリスク???発がん性のリスク無し
                                             じん肺のリスク無し
    4. 米國労働安全衛生局(OSHA)許容暴露限界(PEL)???15㎎/?
    5. 米國産業衛生専門家會議(ACGIH)許容限界(TLV)???10㎎/?
    6. 日本産業衛生學界?暴露限界 第二種粉塵 許容濃度???(吸入性)1㎎/?
                               ?。ňt粉塵)4㎎/?

    分散剤:添加剤

    1. 主用途???食品指定添加物、栄養強化ミネラル類、イーストフード、ガムベース、乳化剤
    2. 合同食品添加物専門家委員會(JECFA???國際食料農業機関<FAO>/WHOの合同委員會)の評価???A(1)
       ※A(1)???JECFAの評価が完了し、一日摂取許容量が設定されたもの、またはその設定が毒性上必要ないとされたもの
    3. JECFA?最大耐容一日摂取量(MTDI)???70㎎/體重㎏?日
    4. 危険有毒性の分類(日本式分類基準)???分類基準に該當しない
    5. ラットの急性経口毒性(LD50:50%致死量)???>1,000㎎/體重㎏
    6. ACGIH???非該當
    7. 日本産業衛生學界指針?暴露限界 第三種粉塵 許容濃度???(吸入性)2㎎/?
                                 ?。ňt粉塵)8㎎/?

    撥水剤:添加剤、撥水性パウダーにのみ添加

    1. 主用途???食品容器包裝充填剤、補強充填剤、分散助剤、被覆剤、防食助剤、流動性改善、印刷インキの増粘剤、沈降防止剤、帯電安定剤
    2. 危険有害性の分類???分類基準に該當しない
    3. ポリオレフィン等衛生協議會???ポジティブリスト登録(有効期限:2016年)
    4. 歐州危険物質指令及び修正?適応事項???非危険物質
    5. 國際輸送規定???非危険商品
    6. ACGIH?TLV???10㎎/?
    7. 最大許容労働場所濃度(MAK値)???4㎎/?
    8. 日本産業衛生學界指針?暴露限界 第三種粉塵 許容濃度???(吸入性)2㎎/?
                                 ?。ňt粉塵)8㎎/?
    9. ラットの急性経口毒性(LD50:50%致死量)???>5,000㎎/體重㎏
    10. 動物実験結果???反復投與毒性は認められない
              変異原性?発がん性は認められない
              生殖発生毒性は認められない
    11. 人體への影響???実験協力者に60~100g/日を3~4週間投與し、有害な作用無し。
              経口毒性の報告事例無し
              撥水剤生産従事者200名以上の十數年に亙るモニター結果により、じん肺癥例無し。
              感作作用(呼吸器過敏癥、皮膚の過剰免疫反応等)は認められない
    波多野结衣高潮尿喷